DOMのブログ

野球×データオタクの「DOM」と申します!私の野球に対する考え方と情熱を投稿していきます!

野球×データオタク「DOM」始動!

自己紹介

初めまして!「DOM」と申します!

趣味は野球です!

小学校から高校まで野球をやってきました。

10年ほど野球をやってわかったことがあるんですが、私は「戦略」や「データ」が大好きです。

プロ野球を見ていても「ここで〇〇選手に交代かなー」とか「□□選手の打率高いなー」なんてことばかり考えています。

そんな「野球×データオタク」な私の情熱を他のの人と共有したい!と思い、今回ブログを始めてみました。

  

  

DOMのプロフィール

まずは私のプロフィールを紹介します。

現役時代は右投げ左打ちでポジションは外野手でした。

 野球といっても実は細かく分かれていて、

という感じで、ベースボール型に分類されるのは一通りやってきました。

(準硬式は?とかは聞かないでください…)

 

好きなこと 

一番好きなのはバッティングです。 

打撃理論が好きで本屋に行ってはバッティングの本をずっと読んでました。

気になった理論があると次の練習で試したりしてたので、小学校高学年ぐらいからは1ヶ月同じフォームで打ったことがありません笑。

新しい物好きで、飽きっぽいんです。

 

あと最初は右打ちだったんですけど、あんまり打てなかったので始めて半年ぐらいで左打ちになりました。ソフトボールやってて、打てないから左打ちになります!ってソフトボールあるあるだと思います。

 

嫌いなこと  

守備はあんまり好きじゃないです笑。

打球が来ないように祈ってたタイプです。

基本が不器用なので最初にやったポジションしかできませんでした笑。

 

ちょっとしたコンプレックス

あと、コンプレックスとして肩が絶望的に弱いです

現役時代はベース間以上は遠投でした。

高2の夏に背筋を測ってみたら、小学校高学年の平均ぐらいしかなかったのを覚えています。

実はこのコンプレックスが原因で「イップス」になり、高校で一度野球をやめています。

ですが周りの支えのおかげで復帰でき、高3の夏まで野球を続けることができました。

この辺りの話は、いつか記事にできたらと思っています。

 

 野球×データオタクが生まれたきっかけ

先ほど一度野球を辞めたと話しましたが、復帰してから、選手兼マネージャーみたいな感じで、選手の成績データを管理するようになりました。

もともとデータを見るのが好きだった私にとっては、このポジションがものすごく楽しかったです。

ここから私のオタク度が加速して、監督に対して「この選手こういう成績なんでこういう作戦どうですか?」みたいな提案書を提出したこともあります。

監督が私の提案を取り入れて、試合で私が考えた通りに進んだ時はものすごく嬉しかったです。

このようにして野球×データオタクが誕生しました。

 

ブログについて 

これからやっていくこと

 私自身の話はこれくらいにして、このブログについて話します。

 このブログでは主に、私の野球に関する考え方や情熱をデータを交えながら記事にしていきます。

 具体的には

  • プロ野球の順位予想
  • 今度の日本代表誰が選ばれる?
  • あの選手活躍するかな?

などです。

 今の時代野球解説者の方々がいくらでもやっていることですが、素人のオタクもやればできる!というところを見せていきたいです!

 

DOMの実績 

ここ2年間、個人的にプロ野球の順位予想をやっていたのですが、12球団中

  • 2019年:5チーム当たり
  • 2020年:6チーム当たり

という成績です。

素人にしてはまずまずじゃないでしょうか?

2021年は今までの成績を超えたいです!

 

さいごに

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ぜひ読者登録、ブックマーク等よろしくお願いします!

 

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

2020年シーズンの振り返り(光る眼力!!DeNA編)

どーもこんにちは!DOMです!

今回は2020年シーズンの振り返り第7弾!DeNAになります。

それでは振り返っていきましょう!

 

 

 はじめに

まず私の順位予想と比較してみると

予想:5位結果:4位

でした。

惜しくも1つずれていました。

開幕前の注目ポイントとしては

  • 筒香選手の抜けた穴をどう埋めるのか
  • その穴を佐野選手がどこまでカバーできるのか

というところでした。

それでは、投手陣から振り返っていきましょう。

 

投手陣

代役エース!?大貫投手

まず1人目は大貫投手です。

2020年シーズンは先発の柱として期待されていた今永投手・濱口投手・平良投手が揃って怪我や不振に陥り、先発投手には非常に苦労していました。

そこで輝きを見せたのが大貫投手です。

チームでただ1人10勝をあげ、先発投手陣を支えていました。

昨シーズン初めて大貫投手のピッチングを見ましたが、「球速以上に打者の体感スピードが速そう」という印象でした。

豪速球を投げるわけではないですが、ストレートを詰まらせる打者が多かったので、変化球の緩急とコントロールで勝負するタイプですね。

2021シーズンは大貫投手に先程あげた先発投手陣が復活すればAクラス入りが見えてくると思います!

 

まさかの不調・山﨑投手

2人目は山﨑康晃投手です。

2019年シーズンオフのプレミア12では日本のクローザーとして活躍した山﨑投手ですが、2020年シーズンは不調により中継ぎに配置転換されました。

入団以来、守護神の座を守り続けていただけにこの不調はDeNAにとって1番の誤算だったと思います。

代わりに9回を投げた三嶋投手が48試合パットン投手・エスコバー投手・石田投手がそれぞれ50試合以上登板する結果になってしまいました。

やはり山﨑投手はDeNAにとって欠かせない存在です!

 

野手陣

ラミちゃんが見抜いた強打者!!佐野選手

野手の1人目は佐野選手です。

2020年の開幕前にキャプテンと4番に指名され、筒香選手の穴を埋める活躍が期待されました。

2019年までの私のイメージは「勝負強い代打の切り札」だったので、1年間を通して活躍できるかは疑問でした。

しかしシーズンが始まると4番の座を守り続け、首位打者のタイトルを獲得!

やはりラミちゃんの選手を見る目は本物だなと思いました。

佐野キャプテンが4番に座る新星DeNAの今後の躍進に期待です!

 

ベテラン助っ人・ロペス選手

2人目はロペス選手です。

2020年シーズンで来日8年目となったロペス選手ですが、個人的にチームの成績はロペス選手次第だと考えていました。

2019年シーズンは打撃技術とパワーに加え、連続無失策記録を樹立した守備などまだまだ元気に見えましたが、37歳という年齢を考えるとそろそろ衰えが見えてきてもおかしくないと思っていました。

結果として、打っては81試合の出場で打率は2割4部6厘、本塁打12本、42打点、守備では2016年から続いていたゴールデングラブの受賞を逃してしまいシーズンオフで退団が決まりました。

長年チームを支えたベテラン助っ人の後継者が現れることを期待します!

 

さいごに

以上でDeNA編は終わります。

今回使用したデータはこちらを参考にさせていただきました。

sp.baseball.findfriends.jp


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

他球団の振り返りも合わせて読んで頂けると嬉しいです!

2020年シーズンの振り返り(ソフトバンク・ロッテ編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(西武・楽天編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(日本ハム・オリックス編) - DOMのブログ 

2020年シーズンの振り返り(セ界覇者!巨人編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り (猛虎復活!?阪神編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(昇竜再び!!中日編) - DOMのブログ

ぜひ読者登録、ブックマーク等よろしくお願いします!

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

2020年シーズンの振り返り(昇竜再び!!中日編)

どーもこんにちは!DOMです!

今回は2020年シーズンの振り返り第6弾!中日になります。

それでは振り返っていきましょう!

 

 

 はじめに

まず私の順位予想と比較してみると

予想:3位、結果:3位

でした。見事的中です!

個人的には当たって一番嬉しかったです!

開幕前の私の評価としては

  • レギュラーが揃ってきた
  • 中心選手の年齢が若い

という感じでした。

心の中では「今年Aクラスじゃなかったら、あと5年Bクラスだろう」と思っていました。

それでは、投手陣から振り返っていきましょう。

 

投手陣

日本の左エース!!大野投

まずは、エースの大野投手です。

数年前までは怪我や不調に苦しんだ印象でしたが、2019年のノーヒットノーランを達成したあたりから一気に日本を代表する左ピッチャーになりました。

2020年シーズン最優秀防御率最多奪三振のタイトルを獲得。

最多勝は巨人の菅野投手に負けてしまいましたが、完投能力の高さが評価され沢村賞を受賞しました。

少し先の話ですが、個人的に大野投手は東京五輪のメンバーに内定してます。

先発投手としては巨人・菅野投手、ソフトバンク・千賀投手、そして楽天に復帰した田中投手など右ピッチャーが数多く挙げられるからこそ先発で結果を残した大野投手は日本代表にとっても大きな存在です!

今シーズンの活躍に期待です!

 

助演男優賞!?福投手

2人目は、福投手です。

2020年シーズン躍進した要因の一つに救援陣の安定感が挙げられます。

クローザーを務めたマルティネス投手や、祖父江投手、藤嶋投手なども挙げられますが、個人的には福投手推しです。

理由はいくつかありますが、まずプロ野球スピリッツA」内でやたら引きます。

ミキサーで獲得した次の日に「B9&TH版」の福投手も引きました。

絶賛育成中です。

あと、登場曲がCreepy Nutsの「助演男優賞」というのも推しポイントです。

ファン方みんなで「お・ま・た・せ」とか言ったらめっちゃ楽しそうですよね!

もちろん選手としても魅力的です。

中日の背番号「34」と言ったら山本昌投手を思い出すのですが、福投手は若干の変則フォームと豪速球の投手なんですね。

代わりなんていない、福投手の活躍が楽しみです!

 

野手陣

竜が誇る安打製造機!!大島選手

野手1人目は大島選手です。

2020年シーズンは最多安打のタイトルを獲得し、バットコントロールの健在さをアピールしました。

年齢が30歳を超えてきたので、スピードを武器としている大島選手は少しずつ成績が落ちてくるかなと思ってましたが、そんなことはなく16盗塁を記録してチームトップでした。

最初の方で「今年Aクラスじゃなかったらあと5年はBクラス」と言いましたが、主な理由は大島選手です。

ここ数年で若いレギュラー選手が次々と出てきましたが、やはり先頭に立つのは大島選手です。

そんな大島選手が元気な今、チームが結果を残せなければAクラス入りが遠のくだろうと思いました。

ですが、結果は見事にAクラス入り。

大島選手もまだまだ元気そうなので、強い中日の完全復活に期待です!

 

頼れるキャプテン!高橋選手

2人目はキャプテンの高橋選手です。

2020年シーズンは怪我もありましたが、自身初の打率3割に到達。

また2019年から2年連続でゴールデングラブ賞を受賞しました。

主に5番に座り打線を支えるなど、若い内野陣を象徴する選手です。

私は入団してからの苦しんでいたイメージが強いですが、ここ2年で一気にセ・リーグを代表する三塁手に成長しました!

今シーズンあたりで打撃タイトル争いに絡んで来てもおかしくないです。

高橋キャプテンの更なる成長注目です!

 

さいごに

以上で中日編は終わります。

今回使用したデータはこちらを参考にさせていただきました。

sp.baseball.findfriends.jp


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

他球団の振り返りも合わせて読んで頂けると嬉しいです!

2020年シーズンの振り返り(ソフトバンク・ロッテ編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(西武・楽天編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(日本ハム・オリックス編) - DOMのブログ 

2020年シーズンの振り返り(セ界覇者!巨人編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り (猛虎復活!?阪神編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(光る眼力!!DeNA編) - DOMのブログ

ぜひ読者登録、ブックマーク等よろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

 

 

2020年シーズンの振り返り (猛虎復活!?阪神編)

どーもこんにちは!DOMです!

今回は2020年シーズンの振り返り第5弾!阪神になります。

それでは振り返っていきましょう!

 

 

 はじめに

まず私の順位予想と比較してみると

予想:4位、結果:2位

でした。

予想より上にいかれてしまいました…

正直、結構悔しいです。

決定する直前までは5位で予想してたんですが、ある選手の影響で4位に上げました。

結果は一つ上げるどこじゃなかったんですけどね笑

開幕前の注目ポイントとしては

  • 得点力不足
  • 最強中継ぎ陣解体か?

というところが挙げられていました。

このあたりも踏まえて振り返っていきます!

 

投手陣

エース復活!?藤浪投手

1人目は藤浪投手です!

2020年シーズンは先発・中継ぎ合わせて24試合に登板。

2年ぶりの白星もありました!

ストレートは160km/hを記録し、まさに復調を感じさせる1年となりました。

私が阪神の順位を上げた理由はこの人です。

キャンプでの投球を見た時に「これは今年完全復活かな?」と思いました。

もちろん先発として復帰すれば大きな戦力になり勝ち星も期待できますが、藤浪選手が先発する1番のメリットは彼が「イニングイーター」であることです。

もともと藤浪投手はシーズンを通して160イニング以上、多い時は200イニング近く投げるスタミナが一つの武器でした。

ここ数年、阪神の救援陣は鉄壁という印象を持つ方が多かったと思いますが、同時に救援陣に頼らざるをえない状況が増えていたのも事実です。

野球界全体の流れとして完投する投手が減ってきていますが、阪神も例外ではありませんでした。

そしてシワ寄せのきた中継ぎに負担がかかり、2019年にチーム3位の57試合に登板した守屋投手は怪我の影響で2020年シーズンの出場試合数を減らしてしまいました。

少し話が逸れてしまいましたが、これだけ中継ぎに負担がかかる今のプロ野球界において、藤浪投手のような「先発完投型」の投手は勝ち星だけでは計れないほど貴重な存在なんです!

そんな藤浪投手が先発ローテを1年間守り切れば、負担の減る中継ぎ陣はさらに強化されるだろうと予想していました。

残念ながら先発としての完全復活とはいきませんでしたが、2021年シーズンの活躍に期待ですね!

 

セーブ王!スアレス投手

2人目はスアレス投手です。

2019年シーズン終了後、長年ブルペンを支えたドリス投手と40ホールドを記録したジョンソン投手が退団することが決まり、個人的には誰が勝利の方程式に入ってくるか注目していました。

もちろん生え抜き選手の活躍も素晴らしかったですが、やはり新加入でいきなりセーブ王になったスアレス投手の活躍は大きかったと思います。

本当に阪神はリリーフの助っ人選手を連れてくるのが上手ですね。

これからも助っ人投手には注目ですね!

 

火の玉伝説!!藤川投手

そしてもう1人、どーしても話したいのは引退された藤川投手です。

私が野球を始めた頃から「火の玉ストレート」を武器に活躍されていました。

当時は「剛の藤川、柔の岩瀬」というイメージを勝手に持っていました笑

藤川投手といえば、やはりオールスターでの「オールストレート宣言」ですね!

正直私はその時野球をやっていた訳ではないので後から知ったんですが、何度みてもカブレラ選手のフルスイングとの勝負は燃えますね!

今の時代、球速で見たら藤川投手より速い投手は数多く出てきていますが、ストレートだけであれだけ夢を与えてくれる投手はなかなかいませんね。

藤川投手、本当にお疲れ様でした!

 

打撃陣

バースの再来!?ボーア選手

野手1人目はボーア選手です。

獲得した際は「バースの再来!」というキャッチフレーズで阪神ファンの方はウキウキしていたんじゃないでしょうか?

(「ロサリオの再来」なんてのも聞こえてきましたが今回は触れないです。)

長年の得点力不足を解消する活躍が期待されましたが、開幕直後から左投手に苦しみ思うような成績は出せませんでした。

2020年限りでの退団が発表されましたが、シーズン後半には日本の野球に対応し始めている雰囲気があったので、個人的にはもう1年待っても良さそうな気はしましたね。

阪神の助っ人探しの旅はまだまだ続きそうです。

 

金本監督が惚れた男!大山選手

2人目は大山選手です。

私は大山選手がドラフトで指名された瞬間「誰???」ってなったのを覚えているんですが、金本元監督が見込んだこの選手がここにきて覚醒の兆しが見えてきました。

2020年シーズンは開幕レギュラーこそつかめませんでしたが、徐々に出場試合を伸ばしていき、シーズン終盤には巨人・岡本選手、ヤクルト・村上選手とホームラン王争いをしていました。

惜しくもタイトルは取れませんでしたが、広い甲子園球場を本拠地としてホームラン王を争ったので、その実力と成長は本物だと思います。

今後の大山選手の成長に注目ですね!

 

さいごに

以上で阪神編は終わります。

今回使用したデータはこちらを参考にさせていただきました。

sp.baseball.findfriends.jp

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

他球団の振り返りも合わせて読んで頂けると嬉しいです!

2020年シーズンの振り返り(ソフトバンク・ロッテ編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(西武・楽天編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(日本ハム・オリックス編) - DOMのブログ 

2020年シーズンの振り返り(セ界覇者!巨人編)- DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(昇竜再び!!中日編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(光る眼力!!DeNA編) - DOMのブログ

ぜひ読者登録、ブックマーク等よろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

2020年シーズンの振り返り(セ界覇者!巨人編)

どーもこんにちは!DOMです!

今回は2020年シーズンの振り返り第4弾!巨人編になります。

パ・リーグは2チームで1記事だったんですが、セ・リーグは1チーム1記事でやっていきます。

(2チーム一気にするのってすごい大変でした…)

それでは振り返っていきましょう!

 

 

はじめに

まずは私の順位予想との比較です

予想:1位、結果:1位

ということで、見事的中です!

開幕前のポイントとしては

  • 野投手の状態はどうなのか
  • 坂本選手は史上最年少で2000安打達成できるのか

というところでした。

これを踏まえて投手陣から振り返っていきます。

 

投手陣

エース復活!菅野投

まずは野投ですね。

2019年シーズンは腰痛の影響もあり、思うような成績が残せていませんでした。

(それでも2桁は勝ってるんですけどね)

2020年シーズンはキャンプ前から新しい投球フォームが取り上げられていました。

腕から始動するフォームを見て「何だそれ?」と思ったのは私だけではないはずです。

あそこまで大胆に変更できるのは菅野投手の凄さのひとつですね。

そして2020年シーズンはこのフォーム改造がピッタリハマりました。

開幕13連勝を含め最多勝のタイトルを獲得!

日本のエースが見事に復活しました!

 

エースをねらえ!戸郷投手

2人目は戸郷投手です。

2019年シーズンでは優勝のかかった試合で先発で起用されるなど、ポテンシャルの高さは1年目から評価されていました。

そして2020年シーズンは菅野投手に次ぐチーム2位の9勝をマークし、先発の2番手に成長しました。

新人王候補として名前が上がりましたが、シーズン後半になると失速。

結果、広島の森下投手に新人王争いは敗れてしまいました。

まだ20歳ということで、今後に注目ですね!

 

打撃陣

チームリーダー・坂本選手

1人目はキャプテンの坂本選手です。

史上最年少での2000安打達成が期待されていましたが、シーズンの開幕延期などの影響もあり、最年少での達成は叶いませんでした。

それでもプロ14年目での2000安打達成は凄いですね!

2020年シーズンはスタートに出遅れたような印象でしたが、徐々に調子を上げていき最終的に打率はチームトップでした(規定打席以上で)

頼れるチームキャプテンは2020年も健在でした!

 

若大将・岡本選手

2人目は若大将・岡本選手です。

2018年シーズンの途中から4番に定着し、2020年はホームラン・打点の2冠王に輝きました。

原監督から「2代目若大将」と呼ばれ、リーグ屈指のホームランバッターに成長しましたね!

坂本選手に次ぐ生え抜きのスターとして今後の活躍に期待です!

 

ポスト阿部最有力!大城選手

3人目は大城選手です

もともと打力は十分でしたが、捕手としては小林選手・炭谷選手の方が上という印象でした。

しかし、2020年シーズンは捕手としてチーム最多の93試合に出場。

チーム2位は炭谷選手の56試合だったため、一気に頭ひとつ抜け出したシーズンでした。

持ち前の打力を生かしてクリーンアップを打つ機会もあったため、今後のチームにとって欠かせない選手となりましたね!

ちなみに大城選手の下の名前は「卓三」なんですが、読み方は「たくぞう」ではなく「たくみ」ですのでぜひ覚えてください。

 

さいごに

以上で巨人編は終わります。

今回使用したデータはこちらを参考にさせていただきました。

sp.baseball.findfriends.jp

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

他球団の振り返りも合わせて読んで頂けると嬉しいです!

2020年シーズンの振り返り(ソフトバンク・ロッテ編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(西武・楽天編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(日本ハム・オリックス編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り (猛虎復活!?阪神編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(昇竜再び!!中日編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(光る眼力!!DeNA編) - DOMのブログ

 

 

ぜひ読者登録、ブックマーク等よろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

2020年シーズンの振り返り(日本ハム・オリックス編)

どーもこんにちは!DOMです!

気づけばキャンプは第3クールになっていました笑

各地で選手のアピール合戦が繰り広げられています!

私は注目選手の1人にソフトバンクの杉山投手をあげているんですが、皆さんの注目選手は誰ですか?

ぜひ、ブログ・Twitterで皆さんのイチオシ選手を教えてください!

さて今回は、2020年シーズンの振り返り第3弾です!

今回は昨シーズン5位の日本ハムと6位オリックスになります。

 

 

日本ハム

まずは昨シーズン5位の日本ハムです。

予想と比較すると

予想:4位、結果:5位

でした。

惜しくも一つ違いでした。

ここ数年の日本ハムは「中堅選手とブレイク直前の選手でフレッシュに戦います!」というイメージがあります笑

打撃陣でいうと私の注目は野村祐希選手でした。

レアード選手が入ったあたりから、サードは外国人選手が守っている印象が強かったので、日本人のしかも20歳がレギュラー入りとなると思うとかなりワクワクしていました。

見事開幕スタメンを勝ち取り、10代の野手では大谷選手以来というニュースを見たのも覚えています。

それだけに怪我で試合数が伸びなかったのが残念です。

その他で言うと、中堅選手が期待通りに活躍したシーズンでしたね。

打点王の中田選手・最高出塁率の近藤選手をはじめ、周東選手と盗塁王を争った西川選手、ゴールデングラブの太田選手など他のチームで離脱者が出る中で日本ハムのレギュラー選手は立派に戦い抜いたと思います!

また、このメンバーに加えて渡邊選手(字これで合ってる?)がレギュラーの地位を獲得したシーズンだったのではないでしょうか。

ここまでレギュラーが揃って来たからこそ、清宮選手を含めた若手選手の奮起が期待されますね!

投手では堀投手に注目していました。

高校時代から私の好きなタイプの投手だったので注目してたんですが、昨シーズンはホールド数が二桁に乗り、順調に成長してる感じですね!

先発投手では有原投手・上沢投手・バーヘイゲン投手が揃って8勝、杉浦投手が7勝と続きました。

誰か1人2桁に乗って欲しかったですね…

また、この4人と他の投手の差が大きかったように感じます。

なかなか先発ローテ6人が決まりませんね。

こちらも若手選手の奮起が必要不可欠です!

以上、日本ハムの振り返りでした!

 

 

オリックス

次は昨シーズン6位のオリックスです。

予想と比較すると

予想:6位、結果:6位

です。的中ですね!

開幕前の注目としてはやはりA・ジョーンズですね。

 メジャーでシルバースラッガーゴールデングラブを受賞し、2017年のWBCではアメリカ代表として世界一に輝くなど、まさに鳴り物入りの超大物助っ人でした。

ただ、キャンプで見てみるとあれ?と思いましたね。

もちろん打撃でのパワーと柔らかさは感じられましたが、メジャー時代に比べて体が一回り大きくなっていたからです。

もちろん全盛期は過ぎたかもしれませんが、スピードは落ちてるだろうと思いました。

昨シーズンの成績を見てみると難しいシーズンだっただけに助っ人としては合格点だったかもしれませんが、本来期待していた成績からは遠いのかなと思います。

日本の野球を1年経験した後の今シーズン、どんな成績を出すか楽しみですね!

あとチーム全体としてなんですが、私の中でここ数年のオリックスはあまり足を使わないイメージでした。

ですが昨シーズン、チームの盗塁数は95でパ・リーグ2位とかなり走ってるんですね!

その筆頭が佐野選手ですね。

正直に言うとYouTubeの「パ・リーグTV」で取り上げられるまで私は佐野選手のことを全く知りませんでした。

ごめんなさい!

スライディングまとめの動画を見たのですが、スピードもさることながらヘッドスライディングがめちゃくちゃ綺麗ですね。

私自身ヘッドスライディングがめちゃくちゃ下手だったので、とても羨ましいです笑

重量級の選手が多いイメージだったんですが、本当はかなり違うんですね。

そのほかの若手としては、ショート大田選手・セカンド宜保選手を見た時はオリックスの世代交代を感じました。

ショートには安達選手、セカンドには福田選手がいますが、彼らがレギュラーで活躍するようになれば近い将来優勝争いに加わっていくのかなと思いました。

投手陣では山本由伸投手が最多奪三振のタイトルを取りました。

全ての球種にスピードがあるので、テレビで見てても「反則だろ笑」って思います。

離脱もありましたが、チーム最多で8勝なので少し寂しい気はします。

あと、個人的な感想なんですが田嶋投手がすごく良くなった気がします。

もともとをよく知っているわけではないんですが、昨シーズン完投した試合のニュースを見ていて「あれ、田嶋投手ってこんないいまっすぐ投げるんだ」と思いました。

山本投手・山岡投手という絶対的な柱があるので、それに続くような先発投手が育ってくれば、先ほども言ったように近い将来優勝争いに加わっていけるんじゃないかと思います。

今後の若手選手の奮起に期待ですね!

以上、オリックスの振り返りでした!

 

 

第3弾はこれで終了です!

パ・リーグの振り返りが終わったので、次回からはセ・リーグの振り返りになります!

今回使用したデータは、

を参考にさせていただきました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

他球団の振り返りも合わせて読んで頂けると嬉しいです!

2020年シーズンの振り返り(ソフトバンク・ロッテ編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(西武・楽天編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(セ界覇者!巨人編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り (猛虎復活!?阪神編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(昇竜再び!!中日編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(光る眼力!!DeNA編) - DOMのブログ

 

 

ぜひ読者登録、ブックマーク等よろしくお願いします!

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

2020年シーズンの振り返り(西武・楽天編)

どーもこんにちは!DOMです!

メジャーリーグからエンゼルスが大谷選手と契約合意したというニュースが入ってきました。

来シーズンこそは二刀流の完全復活に期待したいですね!

さて、今回は2020年シーズンの振り返り第2弾です。

今回は西武・ロッテ編になります!

 

西武編

まずは昨シーズン3位の西武からです。

予想と比較すると

予想:3位、結果:3位

ということで、見事的中ですね!

 2018年、2019年シーズンの優勝チームも昨年はシーズンを通して苦しんだ印象です。

やはり秋山選手の退団が大きかったですね。

派手さではソフトバンクの柳田選手の方が上かもしれませんが、秋山選手も日本を代表するセンターですからね。

 そんな西武でしたが、打撃陣をみてみると2019年シーズンに比べて成績を落とした選手が多かったです。

難しいシーズンだったとはいえ、レギュラーのほとんどが2割7分以下でチーム打率はリーグ5位でした。

優勝したシーズンは「山賊打線」と言われるほど強力な打撃陣だっただけに、寂しいという印象が強いです。

そんな中で存在感を放ったのが栗山選手ではないでしょうか。

打率は2割7分2厘でチームトップ、OPSは山川選手・スパンジェンバーグ選手に次いでチーム3位と頼れるベテランが苦しいチームを支えていました。

2019年シーズンでは山川選手の調子が上がらない中で中村選手が4番に座ることがありましたが、昨シーズンではその役割を栗山選手が果たしていました。

こういったベテランの活躍があったからこそAクラスに残れたのだと思います!

投手陣ではリリーフの安定感が素晴らしかったですね!

守護神の増田投手、新人王の平良投手に若手の森脇投手・宮川投手と一気に厚みが出てきた印象です。

ここ数年は打のチームというイメージが強かったですが、昨シーズンは救援投手陣が踏ん張ったという感じですね。

先発投手は正直な感想でいうと、横一線という感じがします。

開幕投手を見てもそうですが、チームの顔となる先発投手がいないという印象です。

菊池投手が抜けて以降、絶対的なエースがいない中でこれだけチームが成績を残しているということを考えると、誰かひとり、またはふたりタイトル争いに絡んでくれば再び優勝争いに入っていけるだろうと思っています!

以上、西武の振り返りでした!

 

 

 

楽天

次は昨シーズン4位の楽天です。

予想と比較すると

予想:2位、結果:4位

でした。

レギュラー陣をみるとソフトバンクにも負けていなと思えますが、うまく噛み合わなかったシーズンでした。

打撃陣から見ると、FAで新加入の鈴木大地選手が大活躍でしたね!

ロッテ時代から安定した打撃と、どこでも守るユーティリティー性が魅力でどちらかといえば守備の選手というイメージだったんですが、昨シーズンは何か化けたような感じでしたね。

OPSで見ると浅村選手などに劣ってしまうんですが、打率は2割9分5厘でキャリアハイを更新したらしいです。

というか、鈴木大地選手が抜けて2位に入った昨シーズンのロッテはやっぱり不思議ですね。

また、ドラフト1位の小深田選手も素晴らしかったですね!

クリーンアップに厚みがあるからこそ、将来的に1・2番を打てるような選手が出てくるとチームとしては楽しみで仕方ないでしょうね。

投手陣を見ると、まずは涌井投手ですね。

まさか楽天に来て最多勝を取るとは…

もちろんまだ老け込むような年齢でないことはわかっていましたが、流石に予想外でした笑

というか、涌井投手が抜けて2位に入ったロッテはー(以下略)

ただ、投手陣が思うように行かなかったことが多いのは事実ですね。

出遅れがあったとはいえ、岸投手・則本投手の勝ち星が伸びなかったこと。

松井裕樹投手の先発挑戦が上手くいかなかったこと。

新クローザーとして期待された森原投手が上手くはまらなかったこと。

チーム防御率で見てもリーグ5位ということで、私の目から見ても悔しいシーズンだったんだろうと思います。

今シーズンは田中投手の加入を含め、投手陣が立ち直ればソフトバンクの立派な対抗馬になり得ると思います!

以上、楽天の振り返りでした!

 

第2弾はこれで終了です!

今回使用したデータは、

を参考にさせていただきました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 他球団の振り返りも合わせて読んで頂けると嬉しいです!

2020年シーズンの振り返り(ソフトバンク・ロッテ編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(日本ハム・オリックス編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(セ界覇者!巨人編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り (猛虎復活!?阪神編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(昇竜再び!!中日編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(光る眼力!!DeNA編) - DOMのブログ

 

ぜひ読者登録、ブックマーク等よろしくお願いします!

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

2020年シーズンの振り返り(ソフトバンク・ロッテ編)

どーもこんにちは!DOMです!

プロ野球のキャンプは第2クールに入り、実戦形式に入るチームも出てきましたね。

また、平野投手のオリックス復帰が決まりました。

ペナントレースにどう影響するか楽しみですね!

さて、今回からは昨シーズンの振り返りをチームごとに行っていきたいと思います。

第1弾の今回はパ・リーグ1位のソフトバンクと2位のロッテです。

 

ソフトバンク

まずは昨年のパ・リーグ優勝&日本一になったソフトバンクからです。

予想と比較すると

予想:1位、結果:1位

ということで見事的中ですね!

打撃陣から見ていくと、実は開幕前は苦戦すると思っていました。

コロナの影響でデスパイネ、グラシアル両選手の合流が遅れたからです。

加えて、バレンティン選手の状態も上がっていなかったので打線全体のパワーは落ちるだろうと予想していました。

ですが、このピンチをチャンスに変えてしまうのが流石はソフトバンクの選手層ですね。

今や皆さんご存知、栗原選手の活躍がチームを救いました。

正直にいうと、昨年の今の時期は栗原選手の名前すら知りませんでした。

前半戦から活躍し、シーズンが終わってみれば安打、本塁打、打点が柳田選手に次いでチーム2位でした。

後半戦からは複数ポジション守れるユーティリティー性も発揮して、出場試合数は118試合にまで伸びました。

まさに昨シーズンのソフトバンクの救世主ですね。

もう1人成長したのは周東選手ですね。

昨シーズンは13試合連続盗塁という世界記録を樹立し、盗塁王のタイトルも取りました。

足の速さはもちろんですが、昨シーズンは打撃面での成長が大きかったですね。

代走からブレイクする選手は「打撃が良かったら…」みたいなのが枕詞によく使われますが、打撃が良くなって選手としてさらに磨きがかかった印象です。

連続盗塁の世界記録を樹立したときも、一番最初に思ったことは「13試合連続で出塁したの!?」でした。

シーズン終盤には1番に定着し、チームをバットと足で引っ張っていましたね。

今シーズンは盗塁数がどこまで伸びるか楽しみです。

投手陣は流石の一言に尽きますね。

先発では千賀・石川両投手の最多勝に加え、東浜・和田投手の活躍は期待通りでした。

新戦力ではムーア投手のピッチングをオープン戦で見た時は「ソフトバンクは本当にいい選手を見つけてくるな〜」と思いました。

勝利数は6勝にとどまりましたが、日本シリーズでの投球は圧巻でしたね。

リリーフ人ではモイネロ投手がすごかったですね。

シーズンで50試合に登板して、防御率1.69で失点はわずか9。

加えて奪三振率は14を超えてるってどうやったら点が取れるんですか?笑

成長した選手で言うと泉投手ですかね。

2019年が14試合登板で2020年40試合登板なのでチームでの評価がかなり上がったと思いますね。

あと、個人的には杉山投手のピッチングに惚れました!笑

登板数こそ11試合なんですけど、あの投げっぷりは今の時代なかなかいないですよね。

今後が楽しみですね!

以上、ソフトバンクの振り返りでした!

ロッテ編

続いては昨年2位のロッテです。

予想と比較すると

予想:5位、結果:2位

…はい。大変申し訳ございませんでした!

昨シーズンで一番予想との開きが大きかったです。

まさかここまで上がってくるとは思ってませんでした…

開幕前のイメージでは「いい感じの選手は出てきたけどまだAクラスには時間がかかるかな〜」、「FAの補強はしたけどタイトルに絡むような選手ではないし…」と言う感じでした。

完全に過小評価でしたね。

ロッテの皆さんごめんなさい!

そろそろ真面目に振り返ってみると、かなり不思議なチームでしたよね。

チーム成績で見ても打率がものすごく高い訳ではなく、防御率は順位こそ2位ですが1位ソフトバンクとは1点近く離れており、3位以下とは0.4以内と突出しているわけではないんですよね。

個人で見ていくと、野手では安田・藤原両ドラ1選手が戦力になった印象ですね。

シーズン中にコロナ感染による離脱者が出た中でチームの中核を打てるようになったのはチームとしてとても大きいことだと思います。

成績で表される数字以上の活躍だった印象です。

投手陣では中継ぎの存在が大きかったですね。

特に唐川投手、トレードで加入した澤村投手の活躍は凄かったですね。

元々の評価が高かった選手なので、当たり前と捉える方もいるかと思いますが、ここ数年の成績を見ていると「ここでまた上がってきたか!」と感じた方も多いと思います。

先発投手ではまずFA加入の美馬投手ですね。

しっかり10勝でチームの勝ち頭でしたね。

昨年のようなシーズンだったからこそ、安定して成績を残すことがどれだけ凄いことなのか、改めて感じました。

二木投手も年々成長していることがわかりますね。

来年あたり2桁勝利も見えてくるんじゃないでしょうか。

若手でいうと、小島・岩下・種市投手あたりですね。

2019年シーズン終了時点で今後に期待の若手として紹介されていた彼らがこんなに早く揃って戦力になるとは予想していませんでした汗

特に小島投手は甲子園で足をつりながら投げていたのを覚えているので今後頑張って欲しいです!

以上、ロッテの振り返りでした!

 

第1弾はこれで終了です!

結構疲れますね汗

なんとかあと10球団、頑張りたいと思います!

今回使用したデータは、

を参考にさせていただきました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

他球団の振り返りも合わせて読んで頂けると嬉しいです!

2020年シーズンの振り返り(西武・楽天編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(日本ハム・オリックス編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(セ界覇者!巨人編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り (猛虎復活!?阪神編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(昇竜再び!!中日編) - DOMのブログ

2020年シーズンの振り返り(光る眼力!!DeNA編) - DOMのブログ

ぜひ読者登録、ブックマーク等よろしくお願いします!

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村